中古と新築の比較

新築と中古の違いについて

住宅を購入するときに中古住宅がいいか新築住宅がいいでしょうか。 それぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。 新築住宅のメリットは、新しいことです。新しいのを好むのが日本人の特徴です。また、潔癖症であるため、あまり人が使った物は使いたくないという考えを持った人が多いのです。それゆえ、新築住宅は人気があります。 また、外国のように長年住んでいてもアンディーくとしての価値が出ないのも問題です。中古住宅にアンティークとしての価値が出るようになれば中古住宅の価値が下がらず、新築住宅と良い勝負かもしれませんね。 中古住宅の良いところは価格が安いところです。築年数が違うだけで同じような広さの住宅が2件あった場合、中古住宅のほうが500万円から1000万円ぐらいは安いのです。

リノベーションをという方法

このように新築住宅と中古住宅を比べると、新築住宅のほうがまだ人気が高いと言えます。 ですが、中古住宅も、リフォームやリノベーションをすることで新築と同様に新しい住宅ににすることが可能です。 ただ、耐震性の問題は残ります。もし、その中古住宅が旧耐震基準の場合には、耐震補強をしてからリノベーションをする必要があります。 この場合、中古住宅がいくら安いと言っても耐震補強とリノベーションをおこなっている分、中古住宅のほうが価格が高くなってしまうかもしれないのです。そうなると、中古住宅のメリットはあまりないということになります。 ただ、そこに住んでいる人の価値観やその家庭の環境などで、中古のほうがいいという人もいるはずです。価格の高い、安いだけでは測れないものがあるのです。