一戸建て住宅

一戸建て住宅のメリット

一戸建て住宅に住むことを検討するにあたり、メリットデメリットを事前にしっておくことが必要になります。 そこで、一戸建て住宅のメリットとはどのような点が挙げられるでしょうか。 まず、物音を気にしなくてもよい点です。これは集合住宅にはないメリットで、集合住宅のように壁一つで隣の家と区分されているわけではありませんので、ある程度物音をたてて生活をしても問題はありません。ただし、集合住宅も、周りがほとんど空室の場合にはこの限りではありません。 また、庭いじりが自由にできる点です。これは庭いじりが嫌いな人にとってはデメリットではありますが、自由にイメージ通りの住宅を創ることができるという意味では、メリットになります。

そのデメリットも知っておきましょう

一戸建て住宅のデメリットについてはどうでしょうか。デメリットを知らずに一戸建てを購入しても後々後悔をしてしまいますので、できるだけ購入する前に知っておきましょう。 まずは、防犯性です。集合住宅に比べると一戸建て住宅は防犯性に弱く、オートロックなどがないため玄関から空き巣に入られてしまうという被害もあります。これを防ぐには、玄関付近や窓付近を常に泥棒用にセキュリティーをしっかりお金をかけておく必要があります。 また、一戸建て住宅は冬場は寒いのが相場です。この点集合住宅は隣と壁一枚で仕切られているため、1面(端の部屋は2面)だけが外の空気にさらされますが、一戸建て住宅は全面外の空気にさらされますので、決して断熱性が優れているとは言えないのです。